ホルモン補充療法

ホルモン補充療法

女性なら誰でも避けては通れない問題に、更年期障害があります。更年期障害とは、女性ホルモンの分泌が減ることによって、自律神経が乱れ、のぼせやほてり、発汗、不眠、情緒不安定などの症状が出てくることを指します。

 

 

 

40代後半から50代前半にかけての閉経期に、女性ホルモンは一気に減少します。そのころから更年期障害も現れ始め、長い人では10年ぐらいを更年期障害と戦うことになります。

 

 

 

女性ホルモンには2種類があり、卵胞ホルモン・エストロゲンと黄体ホルモン・プロゲステロンがあります。エストロゲンが減少すると、ほてりやのぼせ、発汗不眠、骨粗しょう症、動脈硬化症、高脂血症などを引きおきし、プロゲステロンが減少すると、乳がんの発症リスクが増大するとされています。

 

 

 

その症状を緩和させるために、減少したホルモンを外部から補うことを、ホルモン補充療法と言います。更年期障害の症状を軽減させ、毎日明るい気持ちで過ごしたいものですね。