老化を進める悪習慣

老化を進める悪習慣

美容に良いと聞いたものは片っ端から試してみているのに、全然効果が上がらないと悩んでいる方いらっしゃいませんか?

 

 

 

実は、そういう方の中には、肌の老化を進めている悪習慣をしてしまっているという方が多いのです。

 

 

 

どれだけ良いことをプラスしていっても、自分でマイナスになることをしているのであれば、一向にプラスへ転じることはないでしょう。それでは老化をどんどん進めてしまっている悪習慣にはどういうものがあるのかを見ていきましょう。

 

 

 

まず1つ目は喫煙。タバコを吸うと体内のビタミンが奪われてしまうため、皮膚の老化が進みシミができやすくなります。さらに女性ホルモンの分泌が抑えられるため、女性らしいツヤハリが失われやすくなります。

 

 

 

次にストレス。
コルチゾールというホルモンや活性酸素が過剰に分泌され、老化を促進させてしまいます。

 

 

 

飲酒もあまり多すぎると、体のビタミンなどの栄養をがアルコール分解で使われてしまうためよくありません。