ケモタイプってなに?

ケモタイプってなに?

ケモタイプは、Chymo=化学とtype=種類を合わせた造語です。エッセンシャルオイルには科名が同じ場合でもその成分によりタイプが違ってくることから分類されるようになりました。

 

 

 

それは、産出国や栽培方法などで芳香成分が違ったり、芳香成分の含有量が異なるためです。分類が数字やアルファベットだと覚えずづらいために最近では、成分を表記して表すようになってきています。

 

 

 

たとえば、ローズマリーならカンファー(樟脳)が多く含まれているものには、ローズマリー・カンファーなどと一般に言われているエッセンシャルオイルに成分をプラスして呼ばれるようになってきています。

 

 

 

要するにケモタイプとは、芳香植物の科目、種、属性が同じであるのに芳香分子が大きく異なるものに分類するというものです。ただし、すべてのものに当てはまるわけではなく、成分があまりにも違うために分けたほうがいい場合に分類されるようです。

 

 

 

購入者からすれば名前に主な成分が書かれているほうが、わざわざどんな成分が入っているのかな?なんて調べなくてもいいので便利ではと思っています。