アンチエイジング医療とは

アンチエイジング医療とは

アンチエイジング医療とは、若返りを美容の範囲を超えて、医療の場で治療を行う事により若さを再生させるもので、一定量の血液を摂取し、活性化させた血液を体内に戻すことで肌の細胞や組織の再生を図る血液クレンジング法や、減少した女性ホルモンなどを補充させるホルモン治療などがそれに当たるものです。アンチエイジング医療の歴史は、意外にも古いもので、特にヨーロッパのセレブなどが行ってきた経緯があります。

 

 

 

特に有名なのは、イギリスのエリザベス女王のお母様は、一年に何度もの血液クレンジングを習慣とされていたというもので、若さを保つ秘訣の一つとして取り入れられていたというものです。

 

 

 

アンチエイジング医療は、自分自身の血液などを利用して行われることから、体に対する安全性にも優れており、アレルギー反応を起こすことが少ないという点から、日本でも近年治療を受ける方が増加している物でもあります。

 

 

 

また、減少した女性ホルモンの影響により起こりがちなトラブルである、肌老化から起こるしわやたるみなどをはじめ、髪の毛にコシが無くなり、薄毛などの症状を訴える方の悩みの解消にも、女性ホルモン補充法は効果が高く、体の様々な機能を再生させることが出来るものです。

 

 

 

アンチエイジング医療とは、美容整形外科をはじめ皮膚科などでも多く取り扱われており、一般の方でも手軽に受けることのできる治療法として注目されています。メスを使った手術等に比べて、時間もかからず行えるという事も、忙しい方にとっては大きな魅力の一つとも言えます。