若返りのための美容指南!

小顔ボトックスでエラを治す?

小顔ボトックスは美容外科や形成クリニックなどで施術することが出来ます。ボトックスは、ボツリヌス菌から摂れるたんぱく質でできていて注射により施術を行います。

 

このボトックス注射法による効果にはいろいろありますが、たるみを解消したりエラの張りを解消したり、或いは多汗症などにも効果があります。ボツリヌス菌と聞くとえっ?と思うかも知れませんが、菌といっても体内に入れても悪影響はないので心配はないようです。

 

中でも人気メニューなのが小顔ボトックスです。小顔になることでメリットも多いので女性の間でも人気があります。本格的な整形ではエラの張りなどを削ったりしますが、ボトックス注射法の場合は、顔のエラの筋肉に注入して、その筋肉を少しずつ痩せさせていくという方法を摂るために人気があるようです。

 

エラが張らないだけでもかなり小顔効果が期待できると思います。ただ、本格的な整形とは違い半永久的ではないので定期的な注入が必要なのでプチ整形にするか整形にするかは自分次第ということでしょうか。小顔になるって結構苦労がいるものです。

 

小顔メソセラピーで小顔に改善

メソセラピーは痩身や部分やせを目的とした痩身法です。脂肪溶解注射を皮膚の下へ注入することで脂肪を溶かします。部分的に痩せさせたりセルライト除去などにも利用されています。

 

身体だけでなく顔にも注入することで小顔を実現させます。その小顔メソセラピーが今注目されはじめています。メスを入れないで注射による施術のため人気があるのかも知れません。顔の中でもあごのたるみなどに有効に活用されています。

 

脂肪が溜まったり年齢によるたるみなどを改善してくれます。ほかの小顔法とは異なり一度の施術で効果が現れるのが特徴です。通常、数回は施術に通院しますが小顔メソセラピーの場合は、人にもよりますが基本的には1回で済むので何度も施術をするのがいやな人にはおすすめです。ただ、効果は1ヶ月以上様子を見る必要があるようです。

 

脂肪吸引法ではわりとすぐに効果を確認できますが、メソセラピーの方は脂肪溶解剤が溶けるのを待つ必要があるので時間がかかるというわけです。いずれにしてもメスを利用しないということで患者さんには人気があるようです。